外壁塗装は信頼の業者へ~良質塗装で建物価値アップ~

太陽光発電

家の寿命を延ばすメンテ

作業者

外気から家を守るメリット

一般的に木造住宅の耐用年数は20年と言われています。ただしメンテナンスによって長持ちさせることができます。もっとも効果のあるメンテナンスは外壁塗装です。住宅というのは1日24時間、1年365日、太陽の光をあび続け、雨や風にさらされ続け、冬には雪に埋もれます。それらの気候から住宅を守っているのが外壁なのです。定期的に外壁塗装をすることで住宅を守ることができるのです。特に埼玉などはだだっ広い平野なので太陽光や風などを直接的に受けやすいので、外壁塗装は欠かせないメンテナンスです。もちろん埼玉以外の地域でも最低でも10年に1度は外壁塗装をするべきです。最近は外気に強い塗料が開発されているので、今後は外壁塗装によって住宅の耐用年数はさらに長くなるはずです。

地元の業者を選ぶのがコツ

外壁塗装をする時の注意点は業者の選び方です。信頼と実績のある業者を選ぶのが一番ですが、そのためには複数の業者に見積もりを出してもらうことが大事です。その時もなるべく地元の業者を選ぶべきです。埼玉の住宅なら埼玉を中心に工事をしている業者を選んだ方が、地元の気候風土に適した塗料を選んで工事をしてくれます。見積もりの時に業者に確認すべきことがあります。それは下地に傷やひび割れが見つかった場合に補修工事をしてくれるかどうかです。普通は下地を補修してから塗装工事をするのですが、中には省く業者もいるので事前に確認をする必要があります。また工事が完了したあとのアフターケアについても確認しておく必要があります。それらの点を確認した上で、複数の業者の中から選べば完璧です。